phpMyAdminもいいけどSequel Proは感動する

共用サーバー使ってると、MySQLの管理をするのにphpMyAdminを使うのが基本になるわけだけど、最初からセットアップされてたらそれ使うけど、そうじゃないとき、インストールはちょっとめんどくさい。
自分でサイト内にインストールするとき、セキュアな対策も考えつつアップしないといけない。

こないだVPSをセットアップしてて、phpMyAdminが動かん!とか言ってたら友達が、これいいですよ、って紹介してくれたのが、

Sequel Pro
https://www.sequelpro.com/

なんと!無知な自分を恥じるわ♪

インストールして起動したらこんな画面出た。

Sequel Pro
ピクピク!ってなったのはSSH接続で使えるっていうところ。
SSHログインしてからMySQL呼ぶという流れをそのままUIでやってくれてるということなんだろう。
なのでMySQLのポート開けなくていいという利点があるらしい。もちろん、サーバーに管理ツールをセットアップしなくて済むから楽チンだ。
こんな便利なツールがあったのかー。

Sequel Pro
接続して information_schema の CHARACTER_SETS の内容を見たところ。
うーん、phpMyAdminと変わらない。(当たり前か?)

これはほんとにありがたいツール。
今後は共用サーバーのもこれで統一して管理できそう。

module load で PHPのバージョン切り替えたら httpd.conf も書き換える

前回、PHP7.1からPHP5.6にするとき、module load で切り替えたらOKだった。
でも、PHP5.6からPHP7.1にするとき、一応、切り替わるのだが、phpinfo() では 5.6のままになってしまう。

なぜ?? 調べる。結構悩んだが、よく見りゃちゃんと書いてある。

httpd.conf では、conf.d ディレクトリ以下にある .conf ファイルを全部読み込むように書かれている。

httpd.conf

Include conf.d/*.conf

conf.d 以下の php56-php.conf では、56のモジュールを読み込むよう書かれている。

php56-php.conf

<IfModule prefork.c>
  LoadModule php5_module modules/libphp56-php5.so
</IfModule>

conf.d 以下の php71-php.conf では、56用がない場合には、71のモジュールを読み込むよう書かれている。(共存はできない)

php71-php.conf

# Cannot load both php5 and php7 modules
<IfModule !mod_php5.c>
  <IfModule prefork.c>
    LoadModule php7_module modules/libphp71.so
  </IfModule>
</IfModule>

なので、56用の記述があるかぎり、そっちのモジュールが読み込まれてしまうから、ApacheはPHP5.6を動かしていたのだね。
それに、56と71 両方の.confが読まれると、ダブっている記述もあるので好ましくない。

よって、httpd.conf の記述を変更して、個別に .conf を列記し、必要なバージョンのPHPだけ有効にすることで、7.1に切り替えることができた。

httpd.conf

#Include conf.d/*.conf ← 初期の記述は無効に
#Include conf.d/php56-php.conf ← 5.6は無効に
Include conf.d/php71-php.conf
Include conf.d/vhosts.conf
Include conf.d/welcome.conf

YumでPHPのバージョン切り替えるの簡単だった

預かったサイトのWordPressは、過去に配布されていた古い高機能テーマを使っていてメンテされておらず、WordPressのアップデートしていいものやら分からないので、新しいテーマを作って置き換えることにした。

で、今回やっと立ち上げたVPS環境にサイトをごっそり入れてみたものの、最初に入れているPHP7.1では、管理画面にアクセスすると、500エラーになってしまった。
ログを見ているとfatalやらwarnやら、コアファイルでたくさんメッセージが出ているから、これはもう、PHP5.6にしてWPをアップデートしない限りどうしようもないなと思って調べたら、Yumだと単に5.6を追加でインストールして、module loadを使えばいいってことで、これは楽だなと感動。

(1) PHP 5.6をインストール(7.1の時と同様)

(2) さりげに php -v とかすると出てこない(汗)which php も効かない。(module loadしないと有効にならない)

(3) 念のため php71をunloadしてからphp56をloadしてみた。

module unload php71
module load php56

めでたし。php -v で5.6になっていることを確認。which php も効いた。

これでWordPressの管理画面にアクセスすると無事、表示された。

エンジニアと異業種交流会

馴染まないキーワードの組み合わせだな(笑)

なんで馴染まないかというと、エンジニアは「技術」を追求していて、異業種交流会は「ビジネス」を追求する場だからなのだ。

「仕事の流れ」という観点から見た場合、ビジネスプロジェクトが立ち上がる(かもしれない)起点と、それが最終的に形になる到達点の、両端にいる人々が接触した場合、さて、話が通じるだろうかと。
それぞれの専門性が高ければ高いほど、両者は遠ざかる。つまり、間にそれを繋ぐ人がいないと仕事は流れないということになるね。

さて、僕の場合、ガチのエンジニアでないことは分かってる。でも今よりはもっと専門性が高くなりたいと思っている。
そんな僕が、以前、異業種交流会に2回ほど参加した。

どちらの場合も、来ていた人は士業、つまり行政書士とか弁護士、保険屋さん、なんかよく分からないけど複数の会社を立ち上げている起業家、コーチというかモチベーターのような人、なんかの商材をノルマがあるので必死に売ろうとしている人、一部デザイナーのようなクリエイティブ系・・・という感じだった。
みんな、自分のお客さんを探しに来てる。もちろん、僕もお客さんを探して行くわけなんだけど。

おそらく、士業の人はエンジニアのお客さんにはなり得ないだろう。起業家の人は何か接点や目的が合えば、プロジェクトを一緒にできるかもしれないけど、雰囲気的には、素早くビジネスにしてしまって儲けたい系の人が多そうなので、僕らのように(勝手にグループ化してるけど)マンパワーを使って、割と手間暇かけてものを作り、着手から納品までのスパンも長いような仕事には興味はなさそう。すぐに話をつけて商売にしたいっていう感じが強い。

実際、日頃の案件の中でも、起業家から直接、間接的にシステムの要望があって、作ってみるものの、完全に出来上がるまでの時間が長くなってしまって、出来た頃には相手が興味なくなっている(つまり注文したものが出てくるのが遅い)という状態になりがち。
そういうのは、ちょっと辛いね。

なので、エンジニアは継続的にプロジェクトに関われて、システムが進化成長して行くことを望んでくれるクライアントの方が力を発揮できるだろうし、意義も感じられると思う。

 

かといって、エンジニアが、システムが欲しいという動機が発生する場と無縁では居られないはずで、なんらかの形でそこに繋がっている必要がある。だからごくごく一般的な「異業種交流会」のようなものではなく、ものづくりや制作の現場を抱えている経営者などと交流できるような交流会であれば、もっと建設的で意義のある話ができるのではないかと思っている。
もちろん、間に立つ人が居ればそれに越したことはない。プロデューサーやディレクターのような立場の人と繋がることも大切なんだろう。(別の切り口として「行政」と繋がっていそうなエンジニアは、また違う発展があるのかもしれない。)

いずれにしても、エンジニアが交流して意味のある場は、やはり制作や製作の周辺、ということになるのだろう。

PS.
ちなみに、僕がそのごく普通の異業種交流会に出席して、何も得られなかった訳ではない。
いい保険屋さんと知り合って、自分にベストマッチな保険に入れた。(^^) そしてその担当が最近、別の方に変わり、その方が先日、なんと、システム開発会社の人を紹介してくれた。(まだ仕事にはなっていないけど)
世の中、何が起きるか分からないから面白いけど、もう少し精度や確率を高くしたいものだねー。

ノートPCが急に増える

ノートPC増える

すでに個別に記事にしてるけど、ノートPCが増えてきた。

ぶっちゃけの話、ASUSも良いのを買えば満足できると思うが、ケチって3万円台のを買ったら使い物にならず(汗)何が悪かったかというと標準記憶容量32GBが辛かった。SDカード32GBが付属していたものの、Windowsのアニバーサリーアップデートの際などに空き容量が足らなくなって、データを移動しまくるものの、キワキワだった。あとやはりレスポンスが仕事に耐えられなかった。(今のモデルは標準が64GBになってるらしい)

フォローしておくけど、基本的にASUSは好き。スマホもZenFone 3だし。(←これはいい!)

結局、MacBook Pro を手に入れることになってしまったが。(実はこれは親父からのプレゼントだったりする)
主に開発用に使っていて、だんだんいー感じになってきた。
(前に使ってたLate 2011は実家にドナドナして元気にしている)

その後、メインのMac miniにBoot Campで入れていたWindows 10 Proがトラブり、代わりにマウスコンピュータのノートを購入してエディションアップグレードした。こちらは5万円台。さすがに3万円のレベルとは違う!
これを何に使っているかというと、「やよいの青色申告」を動かすために「のみ」使っていてほとんど専用端末と化している。ややもったいないなー。何か他の用途にも使いたい。

決して贅沢せず、切り詰めて買っているが、ありがたいことに増えてきた。調子に乗ってiPadのどれかも欲しいなと思い始めている今日この頃。(Nexus 7の代わりとして・・)

 

Web制作やってるからって、そんなに色々持っているわけじゃない。スマホ・タブレットはだいたいシミュレータとかで確認できるし、その上、外付けディスクとか、クラウド環境が当たり前になってきているから、端末はさほど容量いらないしレスポンスさえ良ければいいという感じ。
どっちかっていうと、クラウド環境にちょっとずつ(笑)お金が要るような状況になってきた。