もくもく会に初めて参加

もくもく会

関西フロントエンドUGが主催するフロントエンドもくもく会に出席してきた。
もくもく会というものに、おそらく初めて出席したのだと思う。

出席者は予定より少なくて、主催者含めて6人ぐらいだった。だいたいみんな物静かな感じの人ばかりだったので、とても静かな雰囲気だった。エンジニアとデザイナーという組み合わせだった。
最初、自己紹介と今日やることを紹介して、その後、各自もくもくと作業を進めて、最後にそれぞれの結果報告をして一旦終了。
その後、お互いに名刺交換をしたりして解散となった。

夜の会だったので軽食としてピザを用意してくれていたけど、そのピザが結構、美味しくてバクバク食べてしまった。
自分の作業としては、knockout.js というフレームワークについて、ネットで解説してくれている記事の中のスクリプトを順番に写経しながら勉強していた。2時間弱ぐらいの間で8個ほどスクリプトを書いた。

最初、集中できるかな?とちょっと不安だったけれど、やり出したらほんとみんな「もくもく」と作業しているので、割と集中して勉強できたのは良かったと思う。会場には軽く音楽をかけてくれていて照明も柔らかな感じだったのでリラックスできた。

Knockout.js どんな感じ?

JSフレームワーク選びが迷走しているけど(笑)Vue.jsを勉強しかけてなんかイマイチ面白みを感じなかったので、別のフレームワークを探していたら Knockout.js があったので、それを勉強しているところ。

どうも日頃PHPやってて、時々jQuery使ってフロントの処理書いてるレベルなんで、JavaScriptっていうのがまだしっかりと頭の中に定着していない感じがあり、フレームワークとなると独自の書き方を別途覚えないといけないわけで、何というか、プログラミングというよりなんか別の暗記物のような気がしてる。
だからまだふわふわしている。
思うに、「バインディング」の概念に慣れていないせいなのだろうとは思っている。

で、Knockout.js
こちらもVue.js同様、日本語の文献はあんまり無くて、Web上で解説してくれている人のサイトを見て勉強するといった具合。

本家サイトのチュートリアル http://learn.knockoutjs.com/#/?tutorial=intro
が皆様に好評みたいなのだけれど、最初いきなりこれをやっても雰囲気しか分からないだろう。

僕がわかりやすかったのは、こちら
MVVMフレームワーク「Knockout.js」が超絶便利!!・・・
http://analogic.jp/knockoutjs-summary/
基本的な部分を徐々にアレンジしながら、結構、詳しく解説してくれていて取っ付きやすかった。これは初心者にはありがたい記事!

あとこちら
完敗だぜ!Knockoutでノックアウト・・・
https://nulab-inc.com/ja/blog/backlog/knockout-0/
アプリケーションを実際に作りながら解説してくれていて実践的。
だけど僕にとっては途中から急に難しくなってしまったので最後まで行かずに離脱(汗;

人生いろいろあるよね。

ある程度分かってからだとたぶん、こちら
Knockout.js 使い方メモ
https://qiita.com/opengl-8080/items/2b0fb26be865bd5d1890
いろいろなバインディングとその使い方がまとめられていてリファレンス的に使えるかも。

それであと
Knockout.js 日本語ドキュメント
http://kojs.sukobuto.com/docs/

それでまあ、いろいろ読んだり写経するだけだとやはり漠然としている。
これは自分で何かサンプルを作らないといけないね。動機から入っていくことをしていかないと、頭に定着しない。
とりあえず、入力フォーム使ってチャットみたいなものを作るとか、そういうのが良さそうな気がするからやってみることにする。

 

JSフレームワークの分厚い本

というのはつまりこれなんだけど。

JavaScript フレームワーク入門
秀和システム 「JavaScript フレームワーク入門」

分厚さを表現するためにMacBook Pro 13 の上に載せたりなんかして。
ま、さほどでもないけど。(笑)

特徴的なのは、紙が厚い。
バサっとした感じなので再生紙なのかなあ(?)
Kindle版があったら良かったのになー。

まあそれはいいとして、
最初にJavaScriptフレームワークについての解説があり、そのあとに代表的ないくつかのフレームワークやライブラリについての解説、パッケージ管理ツールのこと・・・などが書かれている。

今まだ読み始めて間もないけど、最初の解説を読んで、2章のjQueryは分かっているから飛ばして、3章のTypeScriptは覚える必要あるのかなあ〜〜と思いつつ飛ばして、今は4章のVue.jsの解説を読みながらコード書いたりしているところ。
個人的にはVue.jsの勉強がしたかったからこの本を買ったようなもので。

わりと読みやすい、分かりやすい本だ。JSフレームワークについての概要がサクッと理解できる。
ただ、Vue.jsに関しては古いバージョン用のコードが書かれている部分があるので、今のバージョンで動かしていて「あれ?動かない」とかいうのがあった。
例えば HTMLタグをエスケープなしで表示する {{{ message }}} が使えなかった → バージョン2では<p v-html=”message”></p> のように書く必要がある など。

他のフレームワークは今のところやる予定がないから飛ばすけど、もし近いうちに何かで覚えなきゃいけない状況になった時はとりあえずこの本を読めば良さそう。

Vue.jsの入門の際に参考になるもの

なんか偉そうなタイトル付けてるけど、自分は現時点で入門者(汗)

まず書籍なんだけど、日本語の解説書はなかなか見つけられない。英語ばかりだ。
一つ、見つけたのは
(1) 秀和システム「JavaScript フレームワーク入門」
http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/4784.html

の中にVue.jsについて書かれている章がある。
ポチったばかりでまだ手元に来ていないので、内容についてどうかとか、まだ分からないが。

で、最初、公式サイトに行って
(2) 「はじめに」
https://jp.vuejs.org/v2/guide/

から読んだけど、いきなり言葉の定義などがスッと入ってこないので、理解しにくかった。

次に探し当てたのは、gihyo.jp にある
(3) Vue.js入門 ―最速で作るシンプルなWebアプリケーション
http://gihyo.jp/dev/serial/01/vuejs/0001 (第1回)

これは、わりと分かりやすかった。けど、やはり何かまだ釈然としないものがあった(笑)

そして今日、見つけた。
(4) Vue:ゼロから始めるWebアプリ開発
https://future-hearts.com/2017/01/04/vue01/ (第1回)

第2回目にコードを書く最初のステップが書かれているけど、これは非常に分かりやすかった。
おそらくこれが初歩の初歩なんだろうと思う。

というわけで、僕的には (4) あるいは (1) 辺りが参考になるかな?
と今のところ思い中・・
(1)はJSフレームワーク全般について知ることが出来るのでお得かも?

今年の抱負に対する結果はどうだったか?について振り返る

今年の1月3日に新年の抱負を書いていた。具体的な内容はすっかり忘れていた。(笑)

今年の抱負というかキーワード

それで、箇条書きの5項目についてそれぞれどうなったかを書いておく。

(1) スマホアプリ(ハイブリッドアプリ)制作のスタディ(→ 勉強のみ)

これは早期に諦めた感半端ない。一応勉強はしたけど、具体的な顧客もそのイメージもないので、本当に「スタディ」で終わってしまった。今後どうするか分からないけど、そういう案件は誰かに振るというのが最も現実的。

(2) Adobe XD を使ったデザイン・プロトタイプ制作(→ できた)

これはもう、自分でデザインしてサイト作るときには必ず使っている。自分の中では定番ツールになった。
先日、ついにXDも正式リリースして有料化されたので、僕もサブスクリプションを追加した。(僕はPSもXDも単体サブスクリプションなのだ)

(3) CodeIgniter を使った簡単なショップカート制作(→ できた)

こちらも進展は大きかった。
手始めにクライアントのサイトの一部に簡単なショップカートを作って組み込んだ。これは単にカートになっているだけで、受注管理とかはなくてメールだけでハンドリングするもの。会員機能もないシンプルなもの。

さらに、ウェブサービスのシステム開発の依頼があったので、そこでCIを使った。実はまだリリースできてなくて保留になっているけれど。
それから、見積もり系のシステムの依頼があって、それにもCIを使った。この秋はそれをひたすらやっていて、一旦Phase1が終わったところ。

CodeIgniter(フレームワーク)の使い方を覚えると、どんどんアプリケーションを作りたくなるね。今後も楽しくやって行くつもり。

(4) WordPress の制作手法の見直し(→ 別のものに興味湧く)

これは WP REST API を活用したいという趣旨だったけれど、結局全然やってない。今後、またやろうとするかもしれないというレベル。
それより、WordPress.com の方に興味が湧いてきていて、いわゆる「サイト作りたいんですけどー」とか「ブログやりたいんですけどー」というニーズに対して一声「これどうですか?」と勧めたいなと思っていて、そのために、自分のブログなりサイトをこのサービス上で運用することを考えつつあるところ。

(5) フロントエンド(→ イメージだけ継続)

とりあえず今のところ、Vue.js をなんとか使いたいと考えているので・・・考えているだけだけど、継続して来年もなんか考えたい。jQueryは便利だけど、そうじゃない世界にも行ってみたいという希望があるので、その辺のモヤモヤが解消できたらいいなと思っているところ。

 

以上のような感じだけど、とりあえずCodeIgniterでアプリケーション作れるようになったのが今年の一番の成果だった。
それと、サイト制作に関しては、必ずしも作ることにこだわらないで便利な(手間いらずな)ツールを利用して効率的にやろうという気持ちになってきたことがあると思う。

というわけで、来年の抱負はまた正月に書くと思う。