異業種交流会に行くの3回目

神戸で開かれた異業種交流会に出席してきた。
この主催者は交流会プラス(http://kouryukai.tv/)というのだけど、フレンドリンク(https://friendlink.jp/)の異業種交流会を扱っている(?)のかな??ちょっとその両者の関係が分からないのであるが。

今回で3回目になる。今までは大阪での会に行っていた。出席者は士業や保険屋さんが多くて、その他若干起業家みたいな人がいたりしていた。なので、自分の仕事とは直接関係ない人がほとんどだった。
今回の出席者は、ちょっと違う感じだった。割といろんな職業の人が集まっていたし、保険屋さんがいなかった。(笑)

最初にお話ししたのはWebとかSNSを活用するコンサルタントの人、なかなかいい感じの人だったし、Webに絡んだ仕事の人に会うのは珍しいので、ちょっとホッとした気分だった。
他には、コーチングやってる人とか、料理研究家のアシスタントの人とか、あとファンドマネージャー兼 開運相談みたいなことをしている変わった感じの人もいたりした。コーチングの人なんかは、もともと介護士をされていてお年寄りを元気付ける活動をされていた延長で一般の人のコーチングもするようになったという話だったので、すごく自然な流れで現在の仕事に辿り着いているなーと感心したし、やはり説得力を感じた。
みなさん結構、自分の主張を持っていて、自分をアピールする力があるなと思った。その点、自分はまだアピール力が足りないなーということが分かったのは収穫だったかもしれない。なので、話をしていて割合、相手の人の話を聞く側にまわる場合が多かったように思う。

交流会が終わって帰ってきてから、それぞれの人の名刺をみて、ウェブサイトがある人は見に行ったりするわけだけど、みなさん割といい感じでサイト持たれていて、逆にこちらが参考になるようなサイトもあったりして刺激を受けた。

あそうそう、名刺といえば、僕の名刺は多くの人が「すごくかっこいい名刺ですね」とか言ってくれた。なので名刺の話になったりする。これはやはりデザイナー氏に感謝しないといけないわけだけど、名刺のわりに自分の中身に確固たるものが無いなーと思って名刺負けしているような状況。

それで、僕のような制作とか開発の仕事って、よく分からない人が多い。「ホームページ作ってます」っていうのが一番、分かりやすい。反対に、僕も出席者の人でどんな仕事なのか話しててもいまいちピンとこない人もいる。だからこそ異業種交流会なのだろうけど。

今回は結構、刺激を受けて、自分ももっと頑張らないといけないなーと感じたわけなんだけど、マッチングという意味ではまだまだ、自分の仕事にマッチしてくる人に出会うのが少ないなと感じている。交流会に行くたびに、なんかもうちょっと違う種類の人に出会わないかなあーって感じている。
違う主催者が開催する異なる世界(?)の交流会や、イベントなどに顔を出してみる必要性は感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です