新年に向けての開発環境整備 (^^)

sourcetree

迎え撃つ新年は真のエンジニアになるために (^^) 年末年始は開発環境・ツールの見直しと、管理体制の強化 (^^) を実施しつつあるところ。
今日は12月23日で明日はクリスマスイブなわけだけど・・まだ年賀状も書いていないわけだけど・・
それで週末はいつも体を動かすためにお出かけしてカフェ巡りとか、デバイスの物色とか、しているわけだけど、それらも今日はお休みにして、環境整備にいそしんでおります。

だいたいの方針

(1) 開発データのクラウド管理(どこでもコード書けるように)
(2) リポジトリでの管理(上記同様とGitに馴れるため)
(3) 実行環境はVPS(実行環境の一元化)
(4) メンテしなくていいもののメンテフリー化

なんというか、(Twitterとか)周りのエンジニアさん(といっても約2、3名)と話を合わせるためにも(笑)自分も似た環境で生活している必要がある。
例えば「FTPなんかやめろ」と言われた。別にFTPはやってないけどFTPソフトは使ってるよ、FTPSまたはSFTPで転送してる。“Transmit” はとても便利だよ、昔から使ってるけど。だけどSFTPやろうとすると SSH接続 + 公開鍵 ぐらいは設定しないといけないし、それすら以前は出来てなかった。今はそれが出来るようになったから少しは進歩してる。

やはりどこでも作業できるようにしたいというのと、状況によって誰かに手伝ってもらうということも想定していきたいから、上記のような方針になった。

というわけで具体的なアンサー

(1)(2) Bitbucket および One Drive
(3) さくらVPS (CentOS6)
(4) WordPress.com

(2) に関しては、WordPressの「テーマ」も管理していこうと思っている。
自分のサイトはどうでもいいしメンテフリーの方向なので、クライアントさんのサイトでメンテが多いものから順にリポジトリ化していく。(デプロイまで自動化すべきかは様子見)
今までテーマだけを集めたことはなかったけど、IDEから選ぶ時とか、共通に使いたいコードとか参照するのは不便だった。なので同じディレクトリにテーマを並べるようにしたらきっと便利になるに違いない。それで基本、プラグインはいじらない。

(4) に関しては、自分のサイトも含めて、とりあえず発信出来たらいいレベルのものはクラウドサービスに移行させてメンテフリーにしておきたいなということ(ブログ幾つか持ってるので移行には少し時間かかりそう)

ちなみにコーディング環境は、NetBeansVisual Studio Code

これで新年は落ち着いて開発に傾倒していきたいなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です