GmailをバックアップしてThunderbirdで見てみた

そういえばGmailをバックアップしたことないな。出来るんかな??と思って調べたら、ちゃんと方法があって無事バックアップできた。
ちなみに端末はMac 2017.12.16 現在。

<バックアップする>

(1) ブラウザでGmailを開いて、右上の自分のアイコンから「アカウント」をクリック

(2) アカウント情報の画面になる(https://myaccount.google.com/)

(3) 「個人情報とプライバシー」の「コンテンツの管理」をクリック

(4) 「コンテンツのダウンロードまたは転送・データをダウンロード」で「アーカイブを作成」をクリック

データをダウンロード

(5) 「自分のデータをダウンロード」の画面でバックアップが必要なサービスを選択状態にして「次へ」

(6) 「アーカイブを作成」ボタンをクリックしたら自分のパソコンにzipファイルが保存できた。

 

<バックアップしたメールを見る>

→ こちらのページを参考にさせて頂いた。

大まかなステップとしては、

(1) 保存したzipファイルを解凍すると「メール」フォルダの中に すべてのメール(xxxxxx).mbox が出来ている。

(2) Thunderbird の「ローカルフォルダ」に上記 .mbox ファイルを入れる

わけだけど、Thunderbirdの画面上でドラッグしても入らないので、やはり該当フォルダを探して入れる。

・ローカルフォルダ上で control + クリック(右クリック) > 設定

・「メッセージの保存先」に表示されているパスのフォルダをFinderから探す。

thunderbirdローカルフォルダ
たぶん標準だと /Users/xxxxxx/Library/Thunderbird/Profiles/xxxxxxx.default/Mail/Local Folders あたり
(Libraryフォルダは通常は見えないので、Finderで option + 移動 をクリックするとドロップダウンに「ライブラリ」が出てくるからそこをクリックすると見られる)

・入れたら Thunderbird を再起動すると、ローカルフォルダの下に新たにフォルダが出来ているので、そこをクリックするとメール一覧が見られる。

ローカルフォルダ

Gmail始めました(笑)Inboxも

Inbox
これは Inbox by Gmail のPC版の画面の一部。

前からGmailは使ってるっちゃあ、使ってるけど、Google関係のメール見るためと、Androidのスマホであまり良いメーラーが見つからないから使ってるという程度で、単にチラ見用となっていた。

仕事その他、メインのメーラーはMac版のThunderbirdで、最近増えてきた海外からの迷惑メールを、なんとか学習させて使っていたのだが、外出時など、他の端末を使う機会も多くなり、そうするとそっちのメーラーは何も学習させてないからまともに使えない状況で、非常に不便な感じになってきた。

それで、良い機会なのでスパム対策とメール管理のことを考えてみた。

やはりいろんな所、いろんな端末でメール見るならサーバーのメールボックス上で管理すべきだし、迷惑メールの学習も、サーバー上でやればどの端末でも同じ内容が見られるし、都合が良い。

まず、現状、メインはさくらのレンタルサーバーのメールを使っているので、改めて調べてみたらWebメールの機能には SpamAssassin というフィルタが付いているので、これをWebメールから設定して学習させれば、少なくともサーバー上で処理できる。
でも、さくらのWebメールはスマホからは使いにくいので、どうもしっくりこない。

ちなみに、昔使っていたWADAXの Active! hunter はなかなか良いスパムフィルターだった。が、WADAXのサーバーを使わなくなったので、それも使えないし、いずれにせよ、Webメールも大抵、スマホから使いにくいだろうから一緒だね。

そこで再発見したのが Gmail というわけ。

迷惑メールに強いという評判はあったので、実際どんなもんだろ?と思って、試しにさくらのメールアカウントの1つをGmailに転送設定してみたところ、

なんと!!

いつもよく来てる迷惑メールは、Gmailの迷惑メールフォルダにさえ入らなかった。
つまり弾かれているということなのだろう。
それ以外のショップからのメールなどは、迷惑メールフォルダに入った。それで、まともにスルーしてきたメールはまだ見ていない(汗;;

なんと。

そうだったのか。今までフォルダに振り分けていたとはいえ、ひたすら見てきたスパムメールは、実は見なくても済むものだったのだ。とほほ。(なんか人生の50分の1ぐらい損した気分)

Gmailってすごいね。

やはり多くのユーザー抱えているから派手なスパムはすぐにブロックできるんだろうね。(単に推測だけど)

それでなんか目の前がパーっと開けてきたような気がして、さらに調べると、Inbox by Gmail が出てきた。
このツールはGmailと連携して、どちらかっていうとToDo管理(ジョブ管理)的に使えるツールになっているもよう。
それぞれのメールを「完了」させたり「保留」にしたり、固定して置いておいたりなどが出来る。メールベースで仕事を進めている人には便利なんじゃないかな。
僕も日頃、メールを片付けることが仕事を片付けるようなイメージになっているので、そこにはぴったりハマるから多分、使えそう。

通常、Inbox使って、何か設定とかまとまったことをするときにGmail使うとか、そういう使い分けになりそうな気がしてる。スマホアプリもシンプルで使いやすそう。

iPad 9.7インチのハードケースを装着

iPad 2017 9.7インチ用のTimberのハードケースを手に入れた。
パチっとはめ込むだけでOK

iPad(表)ケース
iPadの表側

iPad(裏)ケース
iPadの裏側

ケースを買った目的

・アルミなので冷たいからプラスティックが欲しかった。
・アルミなので置くときに気を使うからカバーしたかった。

つまり、筐体がアルミだから良いとは言えない。

iPadが大きいので、前までカバーするようなケースは邪魔になりそうだったからやめた。
もし立てかけて使う場合には、なんかカッコいいスタンドでも買おうと思う。

使ってみた感触

すべすべというわけじゃなくて若干、引っかかる感じはある。でも滑りにくくていい。とりあえずガタツキは無い。
音楽をかけたときも特に影響はなさそう。若干締まった音になったか??気のせいか??比較はしてない。

ふと、昔のiMac G4のデザインを思い出した。

ホームページ「作って終わり」でも管理者はいる

依頼主からサイトの制作を頼まれて、一生懸命作って公開したら、その後ブログだけはときたま更新されているけど、特にコミュニケーションはなくそれっきりになる、っていうパターンは割とありがち。いわゆる「作って終わり」というやつ。

それはそれでも良いけど、一応、そのサイト、自分が管理している。
なので、例えばWordPressのアップデートとか、サーバーのバージョンアップとかいう状況に、やがてなる。スパム対策をしないといけなくなる場合もある。

その時お知らせして、なんらかの回答が得られるならばそれで問題ないけど、何も返事が返ってこない場合もある。
正直、やるせない。(++)
(べつにサイトはその人(会社)のものだからどうなろうとその人(会社)次第なんだけれどもね。)

で、そうならないようにするためのやり方として2つあるだろう。

(1) 日頃からマメに連絡をとったり(御用聞き)、継続的な管理費をもらって月1ぐらいはコミュニケーションをとる。

(2) サイトを自分が管理しない。

どっちにするかは人によるだろう。自分のビジネスの理念とか目的によって異なるね。
あくまで利益拡大、社会貢献、という方向性ならば (1) というのはアリだと思うわけだけど、僕の場合はもうちょっと自分自身がクリエイティブでいたいと思っているので、比較的自由でいられる (2) のやり方を選びたい。

こないだから、クラウドサービスのWordPress.com をゴソゴソいじっているのは、そういう背景もある。

上記のように「とりあえず立ち上げだけ関わって、あとはメンテフリーの方が都合が良い」っていうお客さんだって普通に居るわけで・・・いや、ほとんどそうなのかもしれないけど・・・そういうお客さんのために、僕が出来ることを考えた結果が、WordPress.comのようなクラウドサービス(つまりメンテフリーなシステム)というわけ。

そういう場合、自分の関わり方は「コンサルタント」および「デザイナー」という感じになると思う。
それはそれで、一つの仕事として成立するから良い。

エンジニアとしてのスキルを活かせるお客さんは別に居るから、そこは分けて考えていきたいと思っている。どっちを取る、というより、両方うまくやっていくために。

既存のWPブログをWordPress.comに移行しようとしてぶつかった4つの制約

仕事、趣味あわせて複数のブログをインストール型WordPress (.org) で作っているけれども、アップデートやらスパム対策やらが面倒だから、クラウドサービスのWordPress.comに移行してメンテフリーにしたいなと思った。
また、素人でもサービスを使ってサイトが作れるこの時代に、お客さんからの相談に対する一つの回答として、WordPress.comという選択肢をお勧めできるかどうかについても、調べたいと思った。

それで、以前アカウントを作っていたWordPress.comを開いて、今やっている趣味ブログの1つをインポートして試してみたのだが・・・

結論から言うと、素直には移行できないことがわかった。(移行できるケースもある)

いくつか制約を発見してしまったので、それを書いておきたいと思う。ただし、まだ移行実施前なので、実際にやってみたらさらに何かあるかもしれない。

(1) パーマリンクが変更できない

記事のURL(パーマリンク)がこのようになっている。
https://xxxxxxxx/2017/12/09/記事タイトル/
年月日とタイトルがURLに含まれているが、これを変更することができない。

なので、既存のブログを連番にしていたり、カテゴリ名を含めている場合などは、リダイレクトが必要になる。
移行前に、元のサイトでパーマリンクの設定を上記のような形(日付と投稿名)に変更して、.htaccessなりmeta記述などでリダイレクトを設定し、しばらく時期を置いて検索エンジンのインデックスが落ち着いてから、ドメインの接続を切り替える必要があるだろう。
それで、記事を投稿するときは、必ずスラッグを書く必要がある。(日本語URLでいい人は何もしなくていい)

しかしよくよく考えてみると、記事IDによる連番でURLを管理していると、どこに持っていくにしても、自動採番のままで完全に同じ番号を生成することはできないから、どっちみち、番号をスラッグとして保存する必要があったりするので、上記のような仕様は、逆に言うと親切なのかもしれないね。

(2) プラグインが使えない(ビジネスプラン以外)

早速あれっ?と思ったのは、僕の場合、カテゴリ名の表示順を変更するプラグインを入れているのだが、WordPress.comのビジネスプラン以外ではプラグインを入れることができないので、それが使えない。よってカテゴリ順を任意に変更することができない。
WordPress.comにはJetpackという多機能プラグインが標準で入っているが、移行前のブログでそれ以外の付加機能をプラグインで入れている場合は、その機能は使えないことになる。(ただしビジネスプランでは使えそう)僕はJetpackは使っていないので、どんなことが出来るか詳しくはまだ分からないが。

(3) CSSが触れない。フォントが自由に設定できない(無料/パーソナルプラン)

もちろん、従来ブログのテーマを持っていくことはできないから(ビジネスプランは出来るのかな?)用意されている無料・有料テーマから好きなのを選んで使うことになるのだが、部分的にここ、もうちょっとこうしたい、と思った時にCSSがいじれないので出来ない。
またフォントも欧文ならいくつか選択できるが、日本語だと Noto Sans , Noto Serif ぐらいしか選べない(?)のでそこは我慢するしかない。
ブログタイトルや記事タイトルなどは、海外テーマの初期設定は馬鹿デカイのだが、「小」とか「最小」とかに変更はできるから、なんとか許容できるレベルかなと。微調整は出来ない。

(4) ビジネスプランが高い

現在のプランはこちらに書いてある。
https://ja.wordpress.com/pricing/

WordPress.com プラン

本日時点でビジネスプランは 2,983円/月なのだが、パッと見、ふーん、という感じなのだが、1年では36,000円近くになる。僕は高いなーと思う。
普通に共用サーバー借りてもせいぜい1,000円/月前後、僕はアドビのCCでも単体サブスクリプション2つで2,000円ぐらいしか払っていない。
ただし、サーバー持ってメンテして、、とかいう手間を考えると妥当と言えなくもないかな。見方によるね。
一応、プラグイン使えてテーマもアップできるらしいけど、それがどのレベルのものなのかは未体験だから分からない。探しても情報はあまり出てこなかった。

だいたい、上記4つが僕としては気になったところだけど、クラウドサービスとしてはよく考えられたシンプルな仕様だなと改めて思った。

<妥当なプラン>

プラン表にも書いてあるが、フリーランスや小規模事業者ならば、CSSが触れて広告が貼れる「プレミアム」が妥当なレベルだろうと思う。

その他、ちょっと感じたこと。

・インポートに時間がかかる

30ぐらいしか記事が入っていない既存ブログをインポートするとき、15分かかると表示されてしばらくインポート中のままになった。画像は勝手に登録されるので便利だけど、違う画像が間違えて登録された記事もあった。
記事が多いブログをインポートすると、かなり待たないといけないのではないかと思った。進捗がよく分からないので少し不安になる。

・画面に雪を降らせる機能「ホリデーの雪」がなぜか「設定」の中にある

ほとんど余談だけど、これが面白かった。なんか特別な意味でもあるのだろうか?

・管理画面は新しいユーザーインターフェースに

.orgと違ってスッキリと爽やかなUIになっていて好感は持てる。
ただ、全部の設定がそこで出来ない(?)ので従来の画面も見ながら設定などは行っている。

 

・・・というわけで、僕としては趣味のブログを頑張って(笑)移行しようと考えている。事前のリダイレクトとか、手間はかかってしまうけど。
ほんとは、仕事用含めて発信用としてはサーバーをやめちゃって、WordPress.comに一本化したいなとまで考えていたのだけど、それはやや無謀であることがわかった。
プランはとりあえず「パーソナル」でいいかな。1つ移行してみて、うまくいったら次のブログも移行したいと思う。また何か進捗あればブログに書きたいと思う。