WordCamp Kyoto 2017 に参加

WordCamp Kyoto 2017 が京都大学で開催されたので行ってきました。(詳しくはこちらのリンクを参照)
https://2017.kyoto.wordcamp.org/

1日目だけですが、参加したセッションはこちら。

(1) WordPress の今とこれから
(2) wp-cli入門
(3) WP REST APIで実際なにが嬉しいの?
(4) WordPressユーザーのためのProgressive Web Appsの話
(5) WORDPRESSセキュリティ:攻撃対象になるのを避けよう
(6) ニュースアプリのAPIにWordPress.comを採用してよかった話
(7) 簡単!Webフォントクッキング ビギナーズ
(8) ライトニングトーク
その後 懇親会

それぞれの感想を書きたい気もしますが、大変なので、ひとまず私見を交えた雑感として・・・

ウェブサイトは、昔は「ページ」を中心とした概念で、サーバーにページを置いて、それそのものにブラウザでアクセスして見る、というような比較的単純な概念だったものが、
現在では「データ」という捉え方がされていて、それを作成する、保管する、表示する、などの役割を担っている処理や場所が分かれていて、いろいろな組み合わせが生じている、

という状況なのですが、今回のセッションを聴いていて、そのことを強く感じました。
(私自身がそういう目で参加するセッションを選んだせいかもしれませんが)

従来、サイトページを作っていた者として、それが仮にアプリケーション作りに変わってきたとして、
サーバーに何を任せるか、アプリケーションのデータ処理と管理はどうあるべきか、端末から入力したり、表示させたり(あるいは文字だけでなく音声入力であったり)するユーザーインターフェースをどう形成するか、
というように、自分(あるいは顧客)が必要とするものに如何に適切にフォーカスし、それ以外のいわば「煩わしいもの」をどのように手の中から安全に切り離して合理化していくか、という取捨選択が「非常に」求められているような気がしました。

というわけで、個人的にはとても興味深いセッションばかりでしたし、聴いていて「ふむふむ」と感心したり発見することが多く、楽しかったです。
と同時に、自分の仕事にも変革が迫られてるなというプレッシャーを感じました。

ちなみにお昼は、会場で用意されていたおにぎりとパンとお茶を頂きましたが、そのあと、キャンパス内にあるカフェテリアを見に行ってみました。それが上の写真です。

夜の懇親会は、お寿司でした。とても美味しかったです。
こういった食事を無料で頂けるなんて、素晴らしいですね。それも沢山のスポンサー様と、お世話して頂いているスタッフ皆様のおかげです。
WordCampの懇親会はたぶん初めて参加したと思いますが、何人かの方と有意義なお話ができて良かったです。

導入しやすいネットショップのシステム

いま、私の方でネットショップを運営されるお客様にカスタマイズをしてご提供しているシステムは、WordPressのプラグインのWelcart、それから独自に開発している受注管理システム、となっています。
その他には、カラーミーショップも対応は可能で、デザインやテンプレートのカスタマイズなどもお受けしています。

当方のお客様からのニーズとしては、本業は別にあって新たにショップを始めたい、あるいは商品販売の可能性を試したい、といった軽めのものがほとんどのため、小回りの効くものが求められています。
そうすると、例えばすでにWordPressなどで運営されているサイト(ドメイン)があり、そこにショップの機能を追加するのが一番、コスト的な負担が少なく実現の可能性が高い方法となるでしょう。

新たなドメインでネットショップを始めてみたい、という場合の簡単な方法としては、カラーミーショップのようなASP(Application Service Provider)を利用するのも良いと思います。

もしそういった軽めのスタートをして、必要に応じて機能を追加するといった進め方をお考えの方は、ご相談くだされば解決策をご提案できます。

カート画面

ご参考までに・・
現在、独自開発して稼働中の受注管理システムは、特定のワークフローに特化してしまい、リリースから年月も経っているため、新しいフレームワークを使って汎用性のあるシステムに置き換えようとしています。
完成するのはまだ先のことになりますが、カート注文部分など一部の機能は出来ているため、シンプルにメールで注文を受けるレベル(管理画面なし)のワークフローでしたら現在でも対応可能です。ご興味がある方はご相談ください。

ブログのネタを見つける方法

ブログのネタを見つける方法

ブログを書くにはネタが必要ですが、頻繁に更新しようとするとネタ切れになりがちですね。

それで、ブログのネタをどうやって見つけるか?というのを検索して調べると、ブロガー、アフィリエイター向けの内容がわりと出てきます。例えば、フィードやメルマガやグノシーなどを購読するとか、SNSで発信しているメディアをフォローするとか。
引用あるいは発想のきっかけとしてメディアを利用する方法ですね。

でも例えば自分のネットショップのブログを書くのに、そういうことをしてもさほど効率よく情報は得られない、というか、ショップに来るお客様は、自分のショップや商品・サービスに興味があって来てくれているので、そこから外れる情報を提供してもあまり意味がないと思います。

ではどうすれば良いかというと・・・

ネットショップの場合は、ネタ元としてまず「商品」がありますね。それからその商品の「メーカー」や「ブランド」など。また、リアル店舗がある場合は「お店」そのものについて、それから、お店がある「地域」や「最寄りの駅」、お店に行くのに使う「交通機関」や「道路」
お店には「スタッフ」がいますし、もちろん「お客様」もいます。スタッフの商品やショップに対する思い・スタンス、お客様の商品やサービスに対する感想もいろいろあると思います。お店が幾つかあったり、お世話になっている会社などもあると思います。
そういったものたちに個別に目を向けて、お客様に紹介することを考えると、たくさん記事が書けるはずです。
新しいスタッフが来たら、お店や商品のことを日々、覚えないといけませんから、その過程で調べたことなどをネタにしてブログを書く、ということも1つのアイデアです。

(まとまった記事を書こうとすると時間も手間も掛かりますが、それを厭わない熱意は必要です。決して楽にはできません。楽に書ける記事は無くてもいいかもしれません。)

仮に集客・リピートという目的のない、単なる日常ブログでも、
例えばいつも行っているスーパーや最寄り駅までの道すがらに、いろいろなものがあると思います。
小さな公園があって、その脇に5月は真っ赤なツツジが咲いているとか、そういう些細なことでも、そこで感じたことを書いたり、写真を撮ったり、疑問に思うことは検索して調べて、わかったことについて書く、などが出来ます。

仕事などで書いているブログにはなにかしらの「テーマ」があると思います。そのテーマに関わってくる情報はすべてネタになり得ます。
ネットから拾った情報はクオリティの高いものも多いですが、そこには「自分のブログ」らしさが無いので、批評がテーマでない限り、もっと独自の情報ソースを見つけるべきですね。
拡散目的の記事を使ったりするより、ネットでも足でもいいので、自分で調べた情報をもとに記事を書くほうが、主体性のある魅力的なブログになるでしょう。

ブログを立ち上げたときにすること

新しいブログを立ち上げたときや、違うURLに移転したときなど、単に記事を書いただけではアクセスはほとんどありません。
アクセスが来るきっかけを作る方法を少し書きます。

<移転するとき>

以前のブログに「リダイレクト」という設定をします。(正確には「301リダイレクト」)
そうすると、検索で訪れる訪問者に対しては、いままで運営してきたブログへのアクセスを、瞬時に新しいブログへ転送(URLの書き換え)すると同時に、従来ブログの検索エンジンからの評価も引き継いでくれます。
なので、従来ブログの訪問者をそのまま新しいブログの訪問者にすることができます。
※ 自ドメイン・自サーバーでブログを運営していない場合(フリーのブログサービス等)は、制約があったり、出来ない場合もあるので要確認となります。

<ショップにブログを開設するとき>

通常、ショップとブログは同時にオープンすると思いますが、既存のショップがあってブログ開設する場合です。
メニューに「ブログ」を加えるだけでは、気が付にくくてなかなか見に来てくれない場合があります。
当たり前ですが、ブログが出来たことをトップのお知らせに載せたり、バナーを作ってヘッダ周りやサイドバー、主要なページに配置することが大切です。
スマホから見た場合、メニューは初期は隠れていることが多いため、ページのメイン部分の上部や下部に、バナーなどでリンクを作ることが効果的です。
また、商品の詳しい紹介をブログで行って、商品ページからリンクを張る、なども実質的に良い方法です。ただし、ブログが別のドメインにある場合はやらないほうが良いかもしれません。

<開設したブログで>

・PINGを設定します。(実質的な効果はよく分かりませんが)
投稿したときに投稿をPINGサーバーというものに対してお知らせする機能があり、そこにPINGサーバーアドレスを登録します。

・ブログランキングやポータルサイトなど、有名で利用者が多いサイトに登録します。ただし一般的には下記のSNS対応をした方がアクセスにつながりやすいと考えています。

・SNS(Facebook, Twitterなど)を別に運営しておいて、そこでブログをオープンしたことをお知らせします。
ビジュアルに訴える内容のブログの場合は、Instagram など写真共有系のSNSを一緒にやっておくと良いです。

・利用者を得たいSNSのシェアボタンを各記事の単体ページに設置します。(フリーのブログサービスの場合は最初から設定されています)

・自分でSNSボタンを押して、コメントを付けてシェアします。
自動で連携してくれる機能を使っても良いですが、個別にやったほうが不要な情報を流さなくて済むことと、SNS利用者から見て親切な案内ができるので、そうした方が良いと思います。

・ハッシュタグを使う
SNSではハッシュタグ(#をキーワードの前に書く)を投稿に付けることで、特定のキーワード(タグ)で検索した人に見付られやすくできます。(例えば #カフェ )
ブログにもその情報を入れておいて、SNSにシェアしたときにその部分が投稿に表示されるようにしておけば、SNS上で見付られやすくなります。
キーワードの選び方は、なるべく具体的で絞り込みやすいワードを選び、対象のSNS上でそのハッシュタグで検索してみて、結果の中に自分の投稿が表示されて欲しいと思うものを選ぶと良いと思います。

以上、おもにSNSを絡めたブログの設定について書きました。
よくご存知の方なら自分で出来ると思いますが、難しい設定もあるので、プロに相談された方が良い内容もあります。
せっかく書いたブログを、見て欲しい人にたくさん見てもらいましょう。

ブログを自分のサーバーで運営すること

ブログを自分のサーバーで運営する(および制作のプロに作ってもらう)ことのメリットと注意点を少し挙げておきます。

例えばフリーのブログサービスでブログを立ち上げていて、「こういうことが出来ない」という状況になったときに、別のサービスに乗り換えたりすると思いますが、そうすると一般的にはURL(ドメイン)が変わってしまったりリダイレクト(従来の検索エンジンの評価を引き継ぎながら転送する)が出来なかったりします。
また、ブログサービスが仕様変更をした場合に、それを受け入れなければならない場合も有り得ます。

最初から自分のサーバーでブログを運営していれば、そういう制約は無いですし、欲しい機能やデザインを実現してくれるプロに依頼すれば、より思い通りのブログに進化させることも可能です。また、単にブログにとどまらず、幾つかの固定ページや専用のお問い合わせフォームなどを持った「ウェブサイト」へと拡張させて行くことも可能です。

ただし、制作のプロによってレベルや得意分野が異なるので、希望をはっきりと伝えて、対応可否を確認することは必要だと思いますが。

それと、フリーのブログサービスは、多くのユーザーが利用することを前提に企画され開発されたシステム、デザインバリエーションを持っていて、機能・操作面でのクオリティや安全性は高いものです。
個人的に制作しようとするブログをそれと同じクオリティーにすることは困難なので、プロに頼めば何でも出来るとは言えない、ということは承知しておく必要があります。

ページトップにもどる