サイト来訪者のモバイル率 その2

おかげさまで忙し過ぎまして、新年のご挨拶以降、日記書けてませんでした。
クライアントさんには「ブログ書いてください」とか言ってるのに自分が一番、書いてないです。(汗)Twitter, Facebookはしょっちゅう書いているのに、ブログとなるとプライベートブログでも最近はなかなか書けなくなりました。

それはさておき、2年前に自分が直接管理しているサイト4つのモバイル率について、Google Analyticsで調べた結果、次のような数値になっていました。
(今回は順番変えて mobile を先に持ってきてます)

サイト: mobile | tablet | desktop | モバイル対応有無
(モバイル率が高いもの順)
サイトA: 59% | 7% | 34% | ◯
サイトB: 48% | 9% | 43% | ◯
サイトC: 39% | 6% | 55% | ×
サイトD: 33% | 6% | 61% | ×

今回は、8サイトほど、2017年1月1日〜3月17日までの概ね3ヶ月の平均を取って比較してみました。前回のサイトも含まれていますが、どれと対応するのか、記録してないので、そのままずらずらと並べます。

サイト: mobile | tablet | desktop | モバイル対応有無
(モバイル率が高いもの順)
サイト1: 74% | 4% | 22% | ◯
サイト2: 72% | 4% | 24% | ◯
サイト3: 55% | 8% | 37% | ◯
サイト4: 47% | 6% | 47% | ◯
サイト5: 45% | 3% | 52% | ◯
サイト6: 39% | 6% | 55% | ×
サイト7: 38% | 3% | 59% | ◯
サイト8: 30% | 4% | 66% | ◯

全体的に、モバイル(スマホ)での訪問者は増えてきている印象ですが、うちのクライアントの業種がインテリア業界が多いので、パソコン(desktop)で見ている方もまだまだ多い方だと思います。

サイトのデザインとしてのモバイル対応は、今は必須となっているので、対応するしないでどのくらい違うとか、あまり言える材料がありません。非対応サイトを対応させるとどのくらいアクセスが上がるのかとかも、うちはデータが少ないので判断できないのが正直なところです。

ただ、やはりスマホで見ている人はかなり多くなったという認識だけは持っています。

PS. 去年、今年辺りは、軽くてかっこいいノートパソコンが各社から出てきていて、カフェでノートを開くというスタイルも定着してきているので、PCユーザーはもしかして持ち直すのでは?と思ったりしています。

Designing in the Browser への移行

レスポンシブ対応デザインなど、1つのリソースでマルチデバイスに対応する可変レイアウトのデザインは、今とこれからの大きな流れだと思っています。

HTMLがもともといろいろなデバイスで閲覧することを考慮して作られているので、技術の進歩やモバイル端末の普及により当初のイメージが現実になったと捉えています。

ページのレイアウトなどの視覚デザインは、今まではデザインイメージをグラフィックツール(例えば FireWorks、 Photoshop、Illustrator)で作成して、クライアント様に確認頂いてからHTMLコーディングの作業に入っていました。

しかし、レスポンシブデザインになると次のような課題が生じます。

(1) 現状は少なくともパソコンとスマホの両方のデザインをクライアントにお見せする必要がある。
(2) コーディングした結果のサイトをイメージしながらデザインする必要がある。
(3) ナビゲーション(メニュー)の動き、その他、動的な効果についても確認の必要がある。

そのため、最初からコーディングを行なって実際のサイトを作りながらデザインしていくという Designing in the Browser の考え方でデザイン制作を進めるほうが効率的で正確であろうということなのです。
また、Webフォントを利用するケースが標準的になってくると、実際のサイトで確認するというフローが一般的になると思われます。

どんなデザインもこの制作フローで出来るとは断定できませんが、システマティックなデザインならばこの方法でやっていけると考えていますし、複雑なグラフィック要素はグラフィックツールを使用して作成し組み合わせることになります。計画段階での全体的なサイトイメージやレイアウトのようなもの(ワイヤフレーム)は必要になる場合もあるでしょう。

今後はこの Designing in the Browser を基本に制作を進めていきますが、その手法については未知の部分もありますので、やりながら考え勉強していきたいと思っています。

モバイルフレンドリー

先の投稿を書いたあとで知ったグーグルの発表

検索結果をもっとモバイル フレンドリーに
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

4月21日より「ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始める」という内容です。

影響がどの程度あるのかというのは分かりませんが、Googleがレスポンシブデザインによるモバイル対応を評価しているという点で当方の制作方針と一致していますので、今後もスマホ・タブレットを重視したサイト作りを行なっていきます。

サイト来訪者のモバイル率

ウェブサイトがスマホ等のモバイルから参照される割合が増えて来ています。
それで、当方でアクセス状況を把握しているサイトのうち、4つについてその割合をピックアップしてみました。
(Google Analyticsのモバイル・サマリーのデータ・2015年1月・2月)

サイト: desktop / tablet / mobile

サイトA: 34% / 7% / 59% (レスポンシブ)
サイトB: 43% / 9% / 48% (レスポンシブ)
サイトC: 55% / 6% / 39% (PC向け)
サイトD: 61% / 6% / 33% (PC向け)

「レスポンシブ」というのは、どの端末でも見やすくなるようにデザインしたサイトです。
レスポンシブの方がモバイル率が高くなっていますが、もともとモバイル利用者が多いという背景もあるので、単純にデザインのせいだけでもありません。それより、そういったユーザー様に向けたサイトデザインが出来ているという点で一安心といった感じです。

今は、Googleでスマホから検索すると、サイトがスマホに対応しているかどうかを表示するようになっています。
今後は、現状 PC向けデザインとなっているサイトをモバイル対応していきたいですし、新規で制作する場合は、当方ではレスポンシブデザインを基本とした制作を行なっていきます。

「Webデザイントレンド in 大阪 2015」に参加して

リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2015」に参加してきました。
その内容について3つほど、要約と感じたところを私なりに書き留めておきます。

大学のスマホサイト:
アメリカでは在学生向けの情報提供が主体で、サイトマップやランチャー的な傾向があるのに対して、日本では、これから入学する人など外部に向けた、マーケティング主導的な傾向がある。
あるいは、大学ウェブサイトがアメリカでは社会の中での大学の立ち位置をアピールする傾向がある、など。

ページスピード:
GoogleのPageSpeed Insights によってサイトの評価を行なうということについて。→ 見た目のデザインは良くても、ページスピードに配慮できていない(極端に悪い)サイトも見受けられるということ。

ブランド統一:
PCサイトとスマホサイトで、イメージが変わってしまわないように注意すること。(色・文字の大小関係等)ロゴを基本としたイメージ展開についてなど。

上記について、私自身は、大規模なサイトをデザインしたことが無いので日頃あまり関知していない内容なのですが、サイトの目的に沿ったデザインをするという意味で、自分の仕事の上でも大いに参考になる部分がありました。

大学サイトの話のように、やはりウェブサイトというと基本的に「お客さんを呼ぶ」という捉え方をしていますが、目的は決してそれだけではなくて、マーケティングとはあまり関係のない用途というものも、立派にウェブサイトの目的になるんだと感じました。
また、うちではレスポンシブデザイン主体でサイト作りをしていますが、ブランド統一に関しては、日頃のデザイン実務の中で気になっていたことであり、それを改めてしっかりと認識できたという点で良かったと思っています。

PS. 写真は、セミナー最後の方でデザイナーさん各氏を紹介して頂いていたときのスナップです。

リクリセミナー・デザイナー各氏

ページトップにもどる