WordCamp Kyoto 2017 に参加

WordCamp Kyoto 2017 が京都大学で開催されたので行ってきました。(詳しくはこちらのリンクを参照)
https://2017.kyoto.wordcamp.org/

1日目だけですが、参加したセッションはこちら。

(1) WordPress の今とこれから
(2) wp-cli入門
(3) WP REST APIで実際なにが嬉しいの?
(4) WordPressユーザーのためのProgressive Web Appsの話
(5) WORDPRESSセキュリティ:攻撃対象になるのを避けよう
(6) ニュースアプリのAPIにWordPress.comを採用してよかった話
(7) 簡単!Webフォントクッキング ビギナーズ
(8) ライトニングトーク
その後 懇親会

それぞれの感想を書きたい気もしますが、大変なので、ひとまず私見を交えた雑感として・・・

ウェブサイトは、昔は「ページ」を中心とした概念で、サーバーにページを置いて、それそのものにブラウザでアクセスして見る、というような比較的単純な概念だったものが、
現在では「データ」という捉え方がされていて、それを作成する、保管する、表示する、などの役割を担っている処理や場所が分かれていて、いろいろな組み合わせが生じている、

という状況なのですが、今回のセッションを聴いていて、そのことを強く感じました。
(私自身がそういう目で参加するセッションを選んだせいかもしれませんが)

従来、サイトページを作っていた者として、それが仮にアプリケーション作りに変わってきたとして、
サーバーに何を任せるか、アプリケーションのデータ処理と管理はどうあるべきか、端末から入力したり、表示させたり(あるいは文字だけでなく音声入力であったり)するユーザーインターフェースをどう形成するか、
というように、自分(あるいは顧客)が必要とするものに如何に適切にフォーカスし、それ以外のいわば「煩わしいもの」をどのように手の中から安全に切り離して合理化していくか、という取捨選択が「非常に」求められているような気がしました。

というわけで、個人的にはとても興味深いセッションばかりでしたし、聴いていて「ふむふむ」と感心したり発見することが多く、楽しかったです。
と同時に、自分の仕事にも変革が迫られてるなというプレッシャーを感じました。

ちなみにお昼は、会場で用意されていたおにぎりとパンとお茶を頂きましたが、そのあと、キャンパス内にあるカフェテリアを見に行ってみました。それが上の写真です。

夜の懇親会は、お寿司でした。とても美味しかったです。
こういった食事を無料で頂けるなんて、素晴らしいですね。それも沢山のスポンサー様と、お世話して頂いているスタッフ皆様のおかげです。
WordCampの懇親会はたぶん初めて参加したと思いますが、何人かの方と有意義なお話ができて良かったです。