仕事内容まとめ

Web制作の仕事は、一般の方にはなかなか分かりにくいと思いますので、参考までに私が日々、どのような仕事をしているかを簡単にご紹介します。
単語自体が理解して頂けないかもしれませんが、ご興味があればGoogleなどでお調べ頂けますとありがたく思います。

HTML・CSSコーディング

制作会社へ納品することが目的(つまり請負)の仕事として、コーディングを行っています。現在、当方の業務の中で一番多い作業となっています。制作の流れは次のようになります。

(1) 制作会社等で制作されたデザインデータ(Photoshop, Fireworksなど)を受け取る。
(2) データから写真などの画像を個別に切り出す。(スライス)
(3) データをもとにHTMLページの記述を行う。(文書構成)
(4) デザイン通りのレイアウトになるように、スタイルシート(CSS)を記述する。
(5) 表現上の動的な効果が必要な場合、JavaScript (jQuery) のコーディングを行って実装。
(6) 作成したページや画像をサーバーにアップして納品。

WordPressカスタマイズ

直接のご依頼や制作請負を問わず、サイトをCMS(WordPress)で作る場合、
(1) サーバーへのインストールと各種設定。
(2) 上記のようなHTMLページをもとに、テンプレート(テーマ)を作成してシステムで動作するようにする。
(3) 標準装備でない代表的な機能はプラグインを使用。
(4) お客様のご要望に応じて、テンプレートや機能(functions.php)のカスタマイズを行う。

システム構築

ECサイトの場合は、WordPressプラグインのWelcart、もしくは当方で開発したシステムを使用して構築します。
その他、会員サイトのような情報共有を目的としたツール、専門分野に特化したCMSなどを、仕様検討から始めるスクラッチ開発まで対応可能です。

お客様からのあらゆる制作のご相談に応じること

直接ご相談頂いた場合は、ヒヤリングをさせて頂き、ご要望にあった制作内容をご提案して進めていきます。
必要に応じて、デザイナー、カメラマン、エンジニア、SEO専門家などに協力を依頼する場合もあります。
お客様がウェブサイトで成果を上げたり、より活用して頂くためのお手伝いをさせて頂いております。

今後の方向

おかげさまで日々、忙しくしておりますが、正直なところ十分に対応が行き届いていない面があります。
今後は、他の専門家との連携により仕事を進める機会を増やし、私自身は、ディレクションあるいはシステム開発などの仕事を中心にしていきたいと考えています。
お客様により一層、喜んで頂くために、制作全体のクオリティーアップを追求してまいります。