WordPress.com(クラウドサービス)をお客様にご提案できるかどうか?

WordPressには サーバーインストール型の WordPress.org と クラウドサービスの WordPress.com の2種類あることをご存知ない方も多いと思います。(よく WordPress として話題になるのは前者の方になります。)

以前、Facebookページでも少し触れましたが、ブログやウェブサイトを作る場合の、手軽かつ安全、手間いらずな手段として、クラウドサービスの WordPress.com を、当方に依頼してくださるお客様にご提案することが出来るか?
という視点で、実際に使ってみた結果について話したいと思います。

結論としては残念ながら、当方からご提案することは難しい、あるいは限定的となります。
その理由としては、デザインの自由度が少ないということがあります。

 

WordPress.com のプランは現時点で「無料」「パーソナル」「プレミアム」「ビジネス」の4種類ありますが、(プランの機能と価格 https://ja.wordpress.com/pricing/
デザインをCSSでアレンジできるのはプレミアム以上となり、月額900円以上(年額10,800円以上)が必要となります。
私は「パーソナル」までしか使っていないのでプレミアム・ビジネスの実際の使用感は分からないのですが、単にテンプレートを選んで使用するだけだと、文字サイズや行間がいい感じにならないのでなんとなく不満が残ります。海外製のテンプレートで英語でのデザインとなっているため、日本語にマッチしにくいのだと思いますが。

機能的な面でも、例えばアイキャッチ画像を登録した場合、それが投稿一覧に表示されるだけのテンプレートと、投稿ページ自体にも表示されるテンプレートがあり、テンプレートによってアイキャッチの使われ方が異なります。
あるいは、背景/前景の色の組み合わせのパターン、センスなどもテンプレートによって異なります。
なので、好きなデザインがあったとしても、実際に自分のページに適用して使おうとしたときに、意図した感じにならないことが多く、そのために別のテンプレートを選ばざるを得ない状況になったりします。

そういった、デザインテンプレートを選んで適用する段階の試行錯誤が多くなってしまうため、あまり効率的であるとは言えない状況です。有料テンプレートの場合はさらに慎重になるし、買ってみたけどうまく行かない、ということは十分に有り得ます。テンプレートが何百も用意されていたとしても、選べないのです。

ですから、デザイン面でお客様に満足して頂きにくい(不満が残る)ため、ご提案はしかねるなと思うのが正直なところです。

 

一方、サーバーインストール型のWordPressの場合は、上記のような問題はほぼありません。デザインはフルにアレンジできますから、気になるところは、気に入るようにすることが出来ます。

サーバーインストール型の場合、サーバーの契約の費用や、ログインスパムの対策、システムのアップデートを自分たち(制作者)の手で行う必要がある、などのことがありますが、
サーバー費用も安いものでは年間で5,000円ぐらいですし、ログインスパムに関しては、海外からのものがほとんどですから、サーバーでWordPressに対して海外IPアドレスを制限することが出来れば、あまりしっかりやる必要もなくなります。(さくらインターネットやXSERVERなど)
残るはシステムアップデートなのですが、これはお客様の方で実施して頂くことも可能ですし、制作者の方で対応する場合は、そのための若干の費用(当方の場合2,000円とか)を頂ければ実施できますから、若干の手間はありますが、特に問題はないでしょう。

ということで、お客様に提案するという立場では、サーバーインストール型のWordPress(WordPress.org)の方が安心しておすすめ出来ます。もちろん制作費はそれなりに掛かるのですが、デザイン面、機能面で色々と細かい対応が可能で、満足頂ける仕上がりになると思います。