Webサイトの更新・メンテナンスは大切

例えば、ウェブサイトを制作してからWordPressのアップデートをちゃんとしていない、というケースは意外と多いんじゃないでしょうか。
素直にインストールしていれば自動更新は行われるので、少なくともWordPress自身のバグや脆弱性の問題は回避できるとは思いますが・・・出来るだけ最新バージョンを入れるようにした方がタイムリーで、将来的に起こる大きな問題を回避しやすくなります。また、改善された機能を利用できる、などのメリットもあります。

WordPress アップデート

WordPressには通常、いくつかのプラグインを入れているでしょうが、それらはWordPressとは別物で、自動更新もされないので、それぞれの作者がメンテしたタイミングで新しいプラグインに更新する必要があります。
その際は、一応、データベースとプラグインファイルはバックアップしておいてから作業するのが望ましいわけですが、そういったことをユーザーサイドで行なっていない(行えない)ことも多いので、プラグインは更新されていないとか、自分で更新したら動作がおかしくなった、とかいうことがありがちです。

あと、WordPressを最新版にアップデートしていく際に、サーバーのバージョン(PHPとMySQLのバージョン)も確認して、WordPressが対応しているかどうか(または推奨しているか)を確認する必要もあります。対応していない場合は、サーバー側でPHPのバージョンアップを行なったり、サーバーによっては別のプランに移行しなければならなくなるケースもあります。

そのようなことで、単にWordPressをとってみても、それ自身の更新、プラグインの更新、サーバーの更新、まで有り得るということを知っておく必要があります。

制作会社によっては定期的なメンテナンス費用の中で更新作業も行なってくれる場合もあり、その場合は特に心配しなくても良いと思いますが、そうでない場合、制作者に依頼してアップデートしてもらってください。
当方の場合も定期メンテはしていないので、その都度依頼して頂くようにしていますが、正直なところ、ユーザー様から依頼してくださることは稀です。こちらから提案したり、何か別のご依頼の時に一緒に更新するようにすることが多いです。

最近流行りの自分で作れるホームページ作成サービス(クラウドサービス)などでは、システムの更新はサービス側で自動的にやってくれているので、自分で更新したり業者に依頼する必要はありません。
ただし色々な事情や制約があってそれらのサービスを使えずに、自分のサーバーとドメインを用意してWordPressをインストールして使っている環境では、自分たち(または制作会社)にて更新作業を実施する必要があります。