既存のシステムを出来るだけそのまま使うこと

wordpress.com

ウェブサイトを作ることについて、システム無しでは語ることができません。
一般的なウェブサイトでもWordPressのようなCMSを使って作りますね。
ECサイトの場合は、EC-CUBEとかWelcartなど、使われる運営者に合ったCMS、制作側で取り扱い可能なCMSを選択して使います。
最近では、利用者登録さえすれば、自分でウェブサイトやブログが作れるシステムを提供しているサービスがありますが、それはそれなりのシステムであるわけです。
いろんなデザインが選べる場合でも、それぞれのデザインは「テンプレート」として作られているシステムのようなものなのです。

それぞれのシステムは、それを作った人たちが日々、研究を重ねて作り上げてきたもので、その分野に関する様々なノウハウが凝縮されています。機能にしても、操作性にしても、扱うデータについても。

ですので、たとえWeb制作者であっても、特にその分野の知識が十分でない人が闇雲に機能や操作性をアレンジしても、元々のシステムより良くなるケースは限られています。
システムの中の様々な機能は、それぞれ存在する理由があるからそこにある訳で、仮にそれを無視すると、必ず何かが不便になったり、つじつまが合わなくなるはずなのです。

というわけで、「自分でウェブサイトを考えたい、こんな風にしたらきっといいはずだ!」と思って好きなようにアレンジしても、それで良いのは自分だけで、世の中の多くの人は別にそう思って(感じて)なかったりするものです。
システムは、出来るだけ元の構成を変えないで、それを活かしながら使っていくのが効率が良く、効果的だと考えています。

「カスタマイズしてオリジナルなものにしたい!」という欲求を少し抑えて、冷静にウェブサイトというものを考えて頂ければ良いかと思います。