会社サイトでブログをうまくやるには

集客するために会社サイト内にブログを設けて発信する、というのはよく行われていることですが、それだけで集客できればそんな楽な話はありませんね。発信の仕方は大きな課題です。

最近、ブログ発信が活発な「個人」の方の活動をいくつか見ていて、うまく集客している人は何がすごいかというと、

長い間続けている

というのが一番のポイントになると確信しました。

よく、毎日発信しなければダメみたいな話はありますが、会社などで、発信の担い手が「社員」の場合、「毎日書かなきゃいけない」というのが相当、精神的な負担になっているはずです。
よほどその仕事が好きな社員ならば、自分のことのように書けると思いますが、大抵はそうじゃないケースであり、やらされてる感半端ない状況の中で、せいぜい続いても1ヶ月ぐらいとか、やがて書くことがなくなり、仕事が忙しくなったりして、場合によっては配置転換などで担当が変わるとか、そんなこんなで続けられなくなるパターンが一般的です。

続けるというのは意外と大変なことで、だからこそどうやったら続けられるか?ということを考えることは、会社ブログの成功の第一歩になると考えます。

例えばですが、私が以前勤めていた会社では、毎日の朝礼の際に、その日の担当の従業員が前に出て、会長の著書の中から有難いフレーズを1つ拾い出して、従業員がそのことから思った感想や、仕事にどう生かして行きたいかなどを話すというのを、ずーっとやっていました。おそらく今でもやってると思います。
そのようなことを、ブログに毎日書くならば、できそうな気がしませんか?その場合、会社のトップの考え方や経営の理念、従業員の仕事への関わり方などが、オープンになりますので、とても意義深いと思います。

そんな社内事情なんてわざわざ読むお客さんなんているのか?」(ブラックと思われるんじゃないか?)

と思うかもしれませんが、やってみなければわかりません。少なくとも会社の体裁をそのまま表現しているので、それに共感できないお客さんは去ると思いますが、共感するお客さんはつかめると思います。決して、しょうもない話をしているわけじゃないので、ブランディングに関して何も失敗はないはずです。

上記はあくまで私のアイデアで、失敗しても責任は持てませんが、ブログネタというのは、つまりは切り売りなのです。
概念、ポリシー、工程、ストーリー、などという大きな塊があるとすると、それらを細かく切り刻んで、その一つ一つを記事に落とし込んでいくのが代表的なブログの記事の書き方ですので、何かまとまりのある1つの元ネタを最初に決めることが出来れば、あとはそれを毎日、切り取って行くだけなのです。

1つでも複数でも良いですが、元ネタ探し(つまりテーマを決めること)をやってみてください。